日産自動車が28日発表した2020年3月期決算は、1年間の最終的なもうけを示す純損益が6712億円の巨額の赤字となった。最終赤字は、リーマン・ショックがあった09年3月期(2337億円の赤字)以来11年ぶり。カルロス・ゴーン前会長が大なたを振るい、多額のリストラ費用を計上した00年3月期の6843億円に次ぐ規模となった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます