江戸時代、疫病を題材にした草双紙(小説本)、浮世絵、狂歌などが数多くつくられた。感染症が身近だったことが伝わってくるが、こうした大衆向けの出版物を収集している奈良女子大学の鈴木則子教授(日本近世史)は、今回のコロナ禍で江戸の人々に対する見方が大きく変わったと話す。現代と重なる、ある「力」とは。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます