口永良部島(鹿児島県屋久島町)の全住民に島外への一時避難を強いた新岳の爆発的噴火から29日で5年。住民は島の復興に取り組んできたが、新岳は断続的に噴火を繰り返し、警戒は解けない。島に渡り、災害への備えと住民の今を追った。小瀬康太郎…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます