南極で越冬中だった61次南極観測越冬隊(青山雄一隊長)の隊員に病状がみられ、医師とともに22日に帰国した。冬を迎え、輸送手段がなくなるこの時期の帰国は六十余年の観測隊史上初めて。南極に残っていたロシア船が昭和基地に寄り、南アフリカまでの搬送に協力した。越冬隊(同行者含む)は28人になった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます