東日本大震災からの復興に向け、川内村で始まった地元の米を使った日本酒造りが苦境に立たされている。昨年の台風被害に加え、新型コロナウイルスの感染防止のため村内外の活動の担い手が集まれないからだ。交流人口を増やし、過疎の村を活気づける狙いもあるだけに、関係者は先行きを心配する。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます