6日連続で新型コロナウイルスの感染者が出た北九州市。28日には医療機関の職員や消防職員、小中学生ら21人の陽性が判明した。「第2波」への警戒が強まるなか、移動自粛を呼びかける動きも相次ぐ。専門家は感染経路の解明や感染防止策の徹底を求めている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます