36人が亡くなった京都アニメーション第1スタジオ(京都市伏見区)の放火殺人事件で、殺人などの疑いで逮捕された青葉真司容疑者(42)が事件当時の状況について、「スタジオに入ると3、4人いたのが見えた。ガソリンをまいて点火したら、自分の右腕にも火が付いたので外に出た」と説明していることが捜査関係者への取材でわかった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます