36人が亡くなった京都アニメーション第1スタジオ(京都市伏見区)の放火殺人事件で、京都地裁(柴山智裁判長)は29日、殺人などの疑いで逮捕された青葉真司容疑者(42)の勾留を取り消すよう求めた弁護側の準抗告を棄却した。証拠隠滅や逃走の疑いがあるとして、勾留の必要があると判断したとみられる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます