36人が死亡した京都アニメーション第1スタジオ(京都市伏見区)の放火殺人事件の前日、青葉真司容疑者(42)=殺人などの疑いで逮捕=が、ガソリン携行缶などを購入した量販店で、ハンマーも一緒に買っていたことが捜査関係者への取材でわかった。「ドアが閉まっていたら割ろうと考えた」と話しているという。京都府警は、青葉容疑者が建物内に確実に入るために用意したとみている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます