ドイツのメルケル首相が30日までに、6月下旬にワシントン近郊で開催が検討されている主要7カ国首脳会議(G7サミット)のために渡米しない意向を示した。新型コロナウイルスの感染が収束しておらず、時期尚早との判断だ。テレビ会議ではなく、通常形式の開催を強く希望しているトランプ米大統領の計画に影響を与えかねない。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます