新型コロナウイルスの影響を受けて、「9月入学」をめぐる議論が起こりました。拙速な導入への反対が多く、政府は来秋からの導入を見送る方向で調整していますが、世界の大半の国と学年の始まりがそろうことによる効果を期待する声もあります。「9月入学」は教育の国際化につながるのでしょうか。8月下旬を入学時期にしている、長野県軽井沢町の全寮制国際高校「ユナイテッド・ワールド・カレッジ(UWC)ISAKジャパン」の創設者、小林りんさん(45)に聞きました。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます