南半球最高峰リーグのスーパーラグビー(SR)に参加している日本のサンウルブズの運営法人は1日、7月開幕のSR豪州大会への出場を断念した、と発表した。サンウルブズは2016年からSRに参加し、日本代表の強化を支えてきたが、20年シーズン限りでのSR除外が決まっており、今回の決定でチームの活動はすべて終了となった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます