三菱電機の杉山武史社長は1日の記者会見で、社員の相次ぐ自殺などの労働問題や大規模なサイバー攻撃被害について「いろんな問題が立て続けに発生し、重く責任を感じている」と述べ、自らを含む関係者が報酬を自主返上したことを明らかにした。社長は「月例報酬の20%を1カ月分、自主返上」(広報)という。自ら再発防止策を進めるとして引責辞任は否定した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます