新型コロナウイルス対策として外国人の入国を禁止しているニュージーランド(NZ)で、米国の映画「アバター」の制作スタッフらの入国が認められた。NZは映画の撮影・制作が盛んなことで知られ、コロナ危機のなかで「経済にプラスになる」と政府が例外的に入国を許した。現地メディアが伝えた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます