首相官邸主導で決まった一斉休校や布マスクの配布。政府の新型コロナウイルス対応を取材すると、政策の根拠が不透明だと感じることが多い。一方で、LINEを使った健康調査や、携帯電話の位置情報による人出の調査など新たな手法を駆使する場面も増えた。政治は多種多様なデータとどう向き合うべきなのか。LINE調査に携わる慶応大医学部の宮田裕章教授(医療政策)に聞いた。聞き手・松山尚幹…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます