国史跡の大塚山古墳(奈良県河合町)で二つの穴が掘られ、円筒埴輪(えんとうはにわ)2体が抜き取られる事件があった。町が3日、発表した。埴輪1体の破片は5日後に現場付近に戻され、もう1体は約1カ月後に接着剤でくっつけられた状態で置かれていた。県警が文化財保護法違反の疑いで調べている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます