理化学研究所などのチームが3日、スーパーコンピューター「富岳」を使い、オフィスなどにあるパーティション(仕切り板)が、せきで飛ぶ唾液(だえき)などのしぶき(飛沫(ひまつ))を防ぐ効果を解析したと発表した。仕切り板が顔の高さより低いと、効果が小さいと推定された。オフィスや飲食店での新型コロナウイルス対策の参考になりそうだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます