老朽化が進んだ北海道議会の旧庁舎がまもなく取り壊される。戦後間もなく立てられた議場は、「民主的な形」をコンセプトにした設計で、馬蹄(ばてい)形をしており、雪の結晶をかたどった模様の照明と一体化した天井がある。夏ごろから解体工事が始まる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます