国立極地研究所は10日午後7時半から、南極・昭和基地と1万4千キロ離れた日本を衛星回線で結び、ユーチューブでライブ配信する。朝日新聞社共催。61次隊の青山雄一・越冬隊長や隊員たちが南極の自然環境や観測、越冬生活を紹介する。進行は、同行取材中の朝日新聞・中山由美記者が務める。昭和基地は、太陽が一日中昇らない極夜(きょくや)の季節を迎えた。零下約30度、毎秒20メートルを超えるブリザードも襲来する真冬だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます