アフガニスタンで人道支援に取り組んだ中村哲医師(享年73)が昨年12月に銃撃され死亡してから、6月4日で半年。中村さんを支えてきた福岡市のNGO「ペシャワール会」(福岡市)や現地でともに働いてきた人たちは「事業は全て継続し、希望は全て引き継ぐ」を合言葉に、手探りで活動を前に進めている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます