東京・浅草の仲見世商店街で100年余にわたり続いた「稲葉玩具店」が5月末、コロナ禍の中で静かに幕を下ろした。緊急事態宣言の解除後にいったんは再開したものの、4代目店主の稲葉克彦さん(78)は店じまいを決断した。「自分の代で歴史を閉ざすのはつらいけれど、浅草や商店街の仲間に感謝です」…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます