2000年8月に旧野津町(現臼杵市)で一家6人が殺傷された事件は、間もなく発生から20年となる。事件をきっかけに、犯罪被害者を支援する「大分被害者支援センター」が設立された。センター理事長を務め、事件当初から被害者側代理人として支援を続けている三井嘉雄弁護士(68)に、この20年間の思いを聞いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます