JR東海は10日、6月1~9日の東海道新幹線の利用者が前年同期に比べ78%減ったと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う出張の自粛などの影響で4月は90%減、5月も90%減だった。緊急事態宣言が解除されたが、出張など利用者の戻りは限定的のようだ。

無断転載・複製を禁じます