北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの父で、5日に87歳で亡くなった滋さんは、たくさんの家族写真を撮影していた。その写真は、全国各地で開かれた写真展で多くの人の目に触れた。写真展を提案したのは、横田家が暮らす川崎市のマンション住民で作る支援団体「あさがおの会」。めぐみさんが拉致される前の何げない日常を切り取った写真の数々は、拉致が「誰もが被害者になりうる」事件だったことを訴え続ける。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます