中国の習近平(シーチンピン)国家主席が年内に国賓として訪日するのが難しい情勢になった。当初は4月の予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大で延期。さらに中国が香港での反体制的な言動を取り締まる「国家安全法制」の導入を決めたことで、自民党で反対論が強まった。中国側も日本への不信感を深めており、見通しが立たなくなった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます