香川県観音寺市(旧三豊郡)出身の大平正芳(おおひらまさよし)元首相(1910~80)が、衆参同日選挙のさなかに現職首相のまま急逝し、12日で40年になった。遺品を展示する地元の「大平正芳記念館」は5年前に老朽化で閉館したが、市民の手で移転、再開された。政治権力や国土の発展のあり方で、集中ではなく均衡の大切さを説いた大平氏。今の時代にも響くその思想や足跡を伝える場になっている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます