昨秋のラグビー・ワールドカップ(W杯)日本代表のWTB福岡堅樹(27、パナソニック)が、7人制での東京五輪への挑戦を断念することになった。日本ラグビー協会が13日、福岡の代表候補離脱を発表。関係者によると、かねて公言していた医学部への進学を優先するという。14日にオンラインで記者会見を開く。 …[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます