北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の実妹、金与正(キムヨジョン)党第1副部長は17日の談話で、2018年4月の板門店での南北首脳会談後、韓国側が南北合意より米国との同盟を優先した、と主張した。朝鮮中央通信が伝えた。南北協力を「(北朝鮮への)経済制裁の枠内という前提条件を付けてきた」とし、南北関係の悪化について、「南朝鮮(韓国)当局の執拗(しつよう)で慢性的な親米屈従主義が生んだ悲劇だ」と批判した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます