肥薩おれんじ鉄道(本社・熊本県八代市)の社員がフェイスブック(FB)上で疫病よけの妖怪を描く「アマビエ・チャレンジ」を繰り広げている。新型コロナウイルスの影響で収入が大きく落ち込み開業以来の苦境に陥る中、危機の収束を願う思いを込めた作品で「いいね!」を競っている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます