新型コロナウイルスをめぐる大阪の対応は、吉村洋文・大阪府知事と松井一郎・大阪市長によるトップダウン型の決定が目立った。娯楽施設などへの休業を要請したり解除したりする独自基準「大阪モデル」の策定やコロナ専門病院の整備では、迅速な対応につながった一方、ほころびも生じた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます