2018年と19年に全国の警察が悪質なあおり運転として摘発した133事件のうち38%で、加害者が1キロ以上にわたってあおり行為を続けていたことが警察庁の分析でわかった。事件の現場の77%が一般道。加害者の96%は男性で、78%は同乗者がいなかった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます