日本で昨年開催されたラグビーW杯で、黒人初の主将として南アフリカ代表を優勝に導いたシヤ・コリシさん。貧しい境遇で日々の食事にも事欠いた少年はいま、新型コロナ禍で苦しむ人々への「恩返し」に駆け回る。そんなヒーローの目に、貧困や人種差別の問題が今も吹き荒れる世界は、どう映るのか。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます