日米合わせて約20万人が亡くなった太平洋戦争末期の沖縄戦から75年。沖縄は23日、犠牲者を悼む「慰霊の日」を迎えた。節目の年は新型コロナウイルスの影響で、県内各地の追悼行事は中止や縮小を余儀なくされた。そうした中、玉城デニー知事は追悼式での平和宣言で、戦争の記憶を風化させない取り組みを誓った。▼4…

無断転載・複製を禁じます