新型コロナウイルス収束後の社会のあり方について、気候変動など環境問題に危機感を深める「グレタ世代」の日本の若者たちが25日、小泉進次郎環境相と意見交換した。「政治的な理由から先送りにしてきたエネルギー政策の難解な議論をこれ以上先送りにすべきではない」「環境政策の意思決定の場に若者の席を」など提言も受け取った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます