メキシコ市で26日午前6時半ごろ、市治安庁長官が武装集団に襲撃される事件があり、計3人が死亡した。市長らが明らかにした。長官は3発の銃弾を受け病院に搬送されたが、命に別条はないという。長官は麻薬密売などの犯罪対策の責任者で、襲撃には麻薬組織が関与したとみられる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます