日本医師会の会長選が27日、投開票され、中川俊男副会長(69)が、5期目をめざした現会長の横倉義武氏(75)を破って初当選した。8年ぶりの会長交代は、医療政策の行方にも影響を与える可能性がある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます