兵庫県三木市の木造2階建て家屋で、排泄物(はいせつぶつ)のたまった劣悪な環境下で多くの犬を飼育していたとして、会社員の男(55)が動物愛護法違反(虐待)の容疑で兵庫県警に逮捕・送検された。家屋からは計66頭が保護された。県警によると、男は「飼育に最適な環境ではないが、餌や水は与えていた。虐待とは思っていない」と容疑を一部否認しているという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます