米グーグルは、ドイツ、オーストラリア、ブラジルの3カ国のメディアと提携し、「質の高いコンテンツ」に対価の支払いを始めると発表した。米巨大IT企業を巡っては、新聞社などの既存メディアが手がけたニュースの見出しやサマリーをサイト内に表示する一方で、対価を払っていないとして欧州などで批判が高まっていた。今回の決定は、巨大IT企業側の方針転換とも言えそうだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます