ツイッター上の検索で10年近く前に自身が逮捕された記事の一部が表示され人格権を侵害されたなどとして、東日本の男性が投稿の削除を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁(野山宏裁判長)は29日、ツイッター社に削除を命じた一審・東京地裁判決を取り消し、男性の請求を棄却した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます