新型コロナウイルスへの感染対策で、会議や授業、飲み会など日常生活のさまざまな活動がオンライン化された。パソコンやタブレットを使う時間が増えたことで、ドライアイや目の疲れを訴える人も増えており、医師は注意を呼びかけている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます