高知県室戸市沖の定置網で6月、世界的に絶滅が危ぶまれるウミガメ「オサガメ」が死んだ状態で捕獲され、体内からプラスチック製のレジ袋などが2枚見つかった。海に漂っていた袋を誤飲したとみられる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます