コロナ禍で派遣会社の仕事がなくなり、1泊2500円のネットカフェを出た佐藤敏光さんは4月下旬、4時間半歩いて、NPO法人「TENOHASI」が東京・池袋の公園で行う生活相談にたどり着いた。炊き出しの弁当を受け取り「3週間ぶりの白飯です」と笑顔を見せた。財布の中身は62円だった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます