日本損害保険協会の会長に30日に就任した広瀬伸一氏(東京海上日動火災保険社長)が朝日新聞のインタビューに応じ、損保各社が個別に行っている大規模な水害時の損害調査について、業界で共同して行うことをめざす考えを示した。ドローンや人工衛星などの活用を念頭に置き、1年以内にしくみを整える。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます