昨年7月の参院選をめぐり、前法相で衆院議員の河井克行容疑者(57)と妻で参院議員の案里容疑者(46)が公職選挙法違反(買収)容疑で逮捕された事件で、克行議員からの現金受領を一転して認める一方、進退について保留していた広島県安芸高田市の児玉浩市長(57)が30日会見し、辞意を表明した。事件をめぐり辞職する広島県内の首長は、安芸太田町長、三原市長に続き3人目となる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます