トヨタ自動車は、豊田章男社長を含め、これまで23人いた執行役員を半分以下の9人に減らす新たな役員体制を決め、1日、始動した。執行役員は全体を見ながら経営のかじ取りを担うとの役割を明確にし、経営陣のスリム化で意思決定を迅速にするねらいがある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます