「天上の花園」とも呼ばれる雨竜沼湿原(北海道雨竜町)で、エゾシカによる高山植物の食害が深刻だ。特に被害に遭っているのが夏を黄色く彩るエゾカンゾウ。花やつぼみが食べられるため、開花から10日ほどで湿原から花が消える。地元のボランティア団体がこの夏、植生の保全へ奇策を繰り出す。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます