雨の季節になった。森林総合研究所の南光一樹主任研究員によると、国土の約7割を占める森林に降る雨は、葉や枝で構成された樹冠(じゅかん)を通り地面に落ちる、幹を伝って地面まで流れ下る、樹冠にたまってそのまま蒸発するという3パターンに分かれる。蒸発量は約15%にもなり、地面に達する雨の量は森林があるだけ…

無断転載・複製を禁じます