ドーピング違反を取り締まるためには人工知能(AI)も使う――。世界反ドーピング機関(WADA)のウィトルド・バンカ委員長が朝日新聞のインタビューに応じ、新技術を導入して取り締まりを強化することを明言した。来夏の東京五輪・パラリンピックにも関わる「新しい解決策」とはなにか。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます