顧客のもとへ足しげく通って人間関係を築き、じっくりと話しながら売る。そんな伝統的な対面型営業が、新型コロナウイルスの感染拡大で岐路に立つ。この売り方を強みとしてきたのが、全国に約23万人の営業職員を抱える生命保険の業界。直接会えない顧客へどう売るか、新たな営業スタイルを探る動きが広がる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます