大阪府警富田林署で勾留中、面会室の仕切り板を壊して逃走したとする加重逃走罪や、別の強盗致傷罪などに問われた樋田淳也被告(32)に対する裁判員裁判の判決が3日、大阪地裁堺支部であった。安永武央裁判長は同日までに計20件を有罪と認定し、懲役17年(求刑懲役18年)を言い渡した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます